相手の素性が解らないという危険を考慮すると、自分の個人情報を知られるのは嫌だけれど、、いいと思った相手の情報は知りたいという考えが出会い系サイトを利用するにあたって多くの人が抱く思いです。トラブルに巻き込まれやすい女性は、しっかり警戒しているので、自分から連絡先を教えるようなことはほとんどありません。女性が自分から連絡先交換を持ちかけてくるようなときには、実はその女性は、個人情報収集が目的の悪質な業者という場合が大半です。
心配しすぎだと思うかもしれませんが、そのぐらいの警戒心を持って利用したほうがちょうどよいと言えるでしょう。

テレビでも自らをオタクだと公言している芸能人も増えているように、そのイメージは大きく変わっています。

それに伴って、今ではオタクの人の方が女性からの人気があります。

女性側にもニッチなオタクが増えてきたため、同じ趣味でも会話が盛り上がってそのまま実際にお付き合いをすることになったというケースも多くなっています。自分の趣味を自己紹介欄に書いておき距離が縮まって交際スタートしても運命の相手を探すためにテニスを習い始めたものの会員はテニスに情熱を注いでいる年配ばかり、そんなケースは多々あります。

たとえ年上好きだったとしても、既婚者は論外ですから、人が集まっている出会い系サイトを使用することで、手っ取り早くパートナーが見つかります。一緒にテニスを楽しめる相手を見つけることで、仲良くテニスデートといった充実の時間が過ごせるでしょう。オフ会は趣味や性格が近い人同士が集まりやすい場所です。なのでオフ会に参加すると恋人が出来たという人も珍しくありません。
だけど、本来が出会いの場ではない場所で異性を口説く人は、オフ会の雰囲気を壊す出会い厨として嫌われます。またオフ会で知り合えた異性が恋人募集中という訳ではありませんから、あまり効率的な探し方だとは言えませんね。
むしろ、素直に出会い系で好みの相手を見付けた方が結果につながりやすいのではないでしょうか。出会い系サイトが婚活や恋人探しへの有効さの中で大きいものはお相手と実際に会うことになったときにサイト上で人となりのわかっている相手と会うこととなるので意気投合しやすいということです。お互いがお互いの興味のあることを質問しておけば、話のきっかけなどに活かせる情報が手に入るでしょう。

実際に会ったときのための予行演習だと思って、サイト上でのコミュニケーションはねんごろに行い、相手のことを理解する姿勢を保ちましょう。

出会い系サイト利用者の方々が何らかの被害に会うという事例も報告されています。

最も多いものは、どれだけ頑張っても、相手に出会えない、というものでしょう。もちろん、利用者本人に責任があって出会えないというケースは被害とはみなしません。

出会い系サイトからの被害として扱うべき事態とは、サイトそのものがそもそも出会いの仲介などしておらず、かつそれを隠しながらただ利用者から課金を巻き上げるだけのケースです。

悪質なところでは、女性会員はサクラしかいないというサイトもあり、人間が相手をすることすらなく、コンピュータが自動でプログラミングされた文面を返すシステムをあって当然ながらそのようなことをする悪質なサイトにいくら課金しようが、絶対に出会うことができないという被害報告が増えてきています。

理想の相手を求めることだけを考えて出会い系のサイトに参加している方も増加傾向にありますが、みんなが皆、真剣な交際目的で参加しているわけではないかも知れませんので気を抜いてはいけません。たとえば、既婚者であるのに遊び相手を探しているだけの人や別の犯罪などで利用するために個人情報を集めている業者もいるので標的とならない様に常に注意深く応対することが大事です。特に女性の利用者ならば男性以上にさらなる警戒が必要かも知れません。初対面はその後の印象をも左右するぐらいの力があるというのが一般常識です。

その為出会い系サイトで知り合った異性と実際に会う時は、清潔で異性に好まれるような服装を選びましょう。

ファッションを気にせずいいかげんな服装で会ったために、絶縁状態になったというケースもあります。
長い期間のメールのやり取りで仲良くなり、やっと会えるという段階に来たのですから、デートでより良い一日になるように、好感度の高いファッションや髪型を心がけてください。
引用:エッチ 出会い サイト